FX リターンとリスク

FXはハイリスク、ハイリターンの金融商品であるということは、巷でよく言われていることですね。

なぜFXはこのようにハイリスク、ハイリターンだと言われているかといいますと、やはり一番の原因は、レバレッジにあると思います。

このレバレッジとはテコという意味で、あなたがFX業者に証拠金として預けている金額以上の金額で、売買ができるという仕組みです。

現在では、レバレッジ規制されているために最高で50倍までかけられることとなっていますが、それでもかなりの金額となることは確かですね。

このように、手元の金額よりも大きな金額を運用することができるために、もしも自分のポジションが有利な方向に動いたタイミングで決済を行うと、大きなリターンを得ることができるのです。

もちろん、その反対のパターンもあります。もしも自分のポジションが不利な方向に動いてしまったら、その分の損失もより大きくなります。

そして、損失額がある一定の基準を上回ってしまうと、強制的に決済、つまり、ロスカットされてしまうのがFXなのです。

この時、FX業者に預けていた以上の金額の損失額を出してしまうことも、可能性としては十分にありますので、これがハイリスクといわれている理由でしょう。

しかし、FXがハイリスク、ハイリターンだといわれているのは、リターンを求め過ぎてレバレッジを高く設定していることが最大の原因です。

自分がどれくらいの損失に耐えられるかをきちんと計算し、その範囲内のレバレッジにて運用していれば、FXはローリスク、ローリターンの商品になることもできるでしょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

検索
 
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。