FXのスワップポイントとは

スワップは、国によって通貨が違うのを利用して利益を得る取引です。

各国の通貨の金利は同じではありませんから、金利の高い通貨を買います。そして次に金利の安い通貨を売った場合に金利差が出ます、それをスワップポイントとして受け取れる利益となります。

例を挙げたほうがわかりやすいと思いますので説明します。

仮に、豪の金利が4.25%で日本の金利が0.1%だった場合、その差は4.15%となりますね、この差こそがスワップポイントなのです。

もし、これの逆の取引をした場合は金利差を支払わなければなりません。

通貨の受け渡しは毎日発生しますから、スワップポイントは確実です。

この金利に大幅な変動がない限り、買い続けることで金利が毎日確実に貯まっていくというわけです。

ご存知のように、FXでは、自分の手持ちの金額よりも、より大きな金額で取引が出来るので、この金利が何倍にも、もしかすると何十倍にもなる可能性があります。

普通は上記のような取引をFX取引であると認識されていることが多いようですが、別の形のFX投資で、このスワップポイントを受け取ることを中心に投資することを「スワップ投資」とも呼び、これだけを目的にしてFX運用をしている方も多くいます。

気をつけなければならないのは、各国の金利情勢は日々変動し、その変化に応じてスワップポイントも変わっていきますから、取引するタイミングによって金利は変動しているので、十分注意が必要となります。

それともう1つ、スワップポイントはFX業者によって大きく異なるのと、常に安定して高いスワップ金利を提示し続けているFX業者を選択することが利益に結びつきます。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

検索
 
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。